21fc4014.jpg
「アンバ様、大杉大明神、悪魔払って、ヨイの ヨイの ヨイ」 大天狗、小天狗が家々に駆け込んで、威勢良く唱え その家の厄を祓うお祭りが、ここ鹿沼市の板荷で およそ150年程前から続いています。 鹿沼市の無形民俗文化財に指定されている大杉神社のお祭り 「板荷のアンバ様」です。 61e4ff8e.jpg
毎年3月の第1土曜・日曜日におこなわれるこのお祭りは、四方を山に囲まれた 板荷地区に春の訪れを告げるお祭りとして、大切に守り伝えられています。 この「板荷のアンバ様」は、おとなりの茨城県稲敷市にある 大杉神社本社から伝えられ、神社のある地名「阿波(あわ)」が訛って 「アンバ様」と呼ばれるようになったといいます。 当日、小学生たちがもつ五色の旗に先導されて、大杉神社の神輿を守る 猿田彦(下の写真)、大天狗や小天狗などが板荷地区を2日間かけて 練り歩きます。 ちなみに、五色の旗には、「大杉大明神」と筆で書かれ、右下には五色の旗を 奉納した方の名前がしたためられています。 cb18fcb0.jpg
私たちが取材で訪れた3月3日は、数日前に降り積もった雪がまだ残る あいにくの曇り空でした。ところが、お囃子の方々の軽快なリズムにのせて、 歩いている私たちの足取りもいつしか軽快になっていました。 お囃子の笛と太鼓、鉦(かね)のアンサンブルが絶妙で、 聴いていて飽きません。 取材がひととおり終わった後でも、お囃子の軽快なリズムが いつまでも山にこだましていました。 3477f99b.jpg
この記事は2012年3月14日 水曜日に放送終了しましたが、 栃木県のホームページでお聴きいただくことができます。 認定地名、鹿沼市板荷のページはこちら。 ラジオのアイコンがありますのでクリックしてお聴きください。 番組では、皆様からの感想をお待ちしております。 おハガキの場合は〒320-8601 栃木放送「とちぎのふるさと田園風景百選」宛 FAXは028-643-3311 メールはdenen@crt-radio.co.jpまでどうぞ! 「とちぎのふるさと田園風景百選」は栃木県のホームページでもご覧頂けます。