544c6bf9.jpg
栃木県内には、春の訪れを告げるお祭りがいくつかあります。 その中でも、かなりの迫力でもって知られるのが、高根沢町は 桑窪地区で行われる「梵天祭り」ではないでしょうか。 0aa70596.jpg
小雨がぱらつく朝、桑窪地区の4つの集落それぞれで、梵天祭りの準備が行われます。 桑窪は朝8時から梵天づくりの準備が行われていました。 今回取材に訪れた新田という集落の準備の様子を取材しました。 ちなみに、桑窪の梵天の竹は地区内の竹林から切り出し、 房に烏山和紙をつかった贅沢な梵天です。 梵天祭りがおこなわれる加茂神社は、那須烏山市の月次(つきなみ)地区に祀られている 通称「鳴井さま」の名で親しまれている加茂神社と姉妹関係といわれています。 この神社では雨を降らせてくれる神様なので、農業に従事する人たちのみならず、 家内安全や無病息災を祈るお祭りとして、桑窪では大切に守られてきました。 4b126d08.jpg
さて、神社では各集落の氏子総代、役員の方々がかみしもを着用し、 神事を執り行っています。 その一方で、お祭りを準備しているところでは… c9e88df3.jpg
梵天をかつぐ男性たちが、口紅でお化粧をしています。 色男たちが女性の神様が祀られている加茂神社へいくのに、 化粧をするのが習わしということです。 化粧も済んで、公民館に各集落の梵天が集まって、おかめのお面をつけた「ぐし餅俵」とともに、 加茂神社へ向けて出発します。 5f8d8fd1.jpg
各集落の「宿(ヤド)」で、「なおらい」という酒盛りで景気付けをしてきた男たち。 勢いよく、加茂神社の拝殿に奉納します。 「奉納」という書き方は、少々気取ってますね。梵天を「つっこみ」ます! cb1c8d96.jpg
ドスン、ドスンという音とともに、梵天をかつぐ男性たちの声、見物している人たちの歓声が 神社を包みます。 梵天をつっこんだ後は、拝殿横にたてかけて、無事に神事が終了。 終わりには、皆さんお待ちかね、餅まき&菓子まきがおこなわれました(こちらも、梵天奉納の 時に負けず劣らず凄い熱気!)。 昨年は東日本大震災の発生直後にお祭りだったということもあり、中止を余儀なくされました。 加茂神社の鳥居は、この地震で損壊。痛々しい風景がまだ残ってはいましたが、 神社の神様はきっと、今年の梵天奉納を例年以上に喜び、また楽しんでいたのではないでしょうか。 82b5a61e.jpg
この記事は2012年3月26日 月曜日に放送終了しましたが、 栃木県のホームページでお聴きいただくことができます。 認定地名、高根沢町 桑窪のページはこちら。 ラジオのアイコンがありますのでクリックしてお聴きください。 番組では、皆様からの感想をお待ちしております。 おハガキの場合は〒320-8601 栃木放送「とちぎのふるさと田園風景百選」宛 FAXは028-643-3311 メールはdenen@crt-radio.co.jpまでどうぞ! 「とちぎのふるさと田園風景百選」は栃木県のホームページでもご覧頂けます。

b20ee625.jpg
栃木県の最南端にある野木町 野渡。 この地区には、国の重要文化財に指定されている 野木町煉瓦窯の建物があります。 渡良瀬遊水池に接する野渡は、渡良瀬川と思川の合流部に近く、 この地域では煉瓦の原料となる、砂と粘土が川から採取できました。 野木町煉瓦窯では、明治時代から昭和40年代後半まで煉瓦を焼き続け 日本の近代建築に寄与したのです。 その野木町煉瓦窯のすぐそばに、熊野神社があります。 熊野神社では、毎年4月上旬の例祭で地区の子供達による ささら獅子舞が行われています。 このお役を担うのは、小学生までの男の子です。 下の写真であわれにも、男の子たちによって 鼻の穴に指をつっこまれているのが 太夫獅子、雄獅子、雌獅子の面です。 68a5d854.jpg
このお祭りでは、獅子舞の座を清めるために、 棒術の立ちあいが披露されます。 今年演じるのは4歳と6歳の男の子です。 2db2cc99.jpg
「えんっ!エ〜イ!」とかけ声もいさましく。 …楽しそう。きっと、いつの時代もそうだったのでしょうね。 127e614c.jpg
江戸時代に始まったとされる野渡のささら獅子舞は 地区の5つの集落によって行われ、毎年持ち回りで 当番地区の子供が獅子舞と棒術を披露します。 子供達を指導するのは、子供の頃に踊った経験がある男性たちです。 今の子供は覚えが早い。そう語る師匠たち。 昔はスパルタで、手足をはたかれながらビシビシ指導されたとか…。 30991024.jpg
c5c75cfc.jpg
上の写真の男の子は、小学6年生。太夫獅子を舞います。 近年は子供の数が少なくなり、役者が揃わない年もあります。 今回も、3人で舞う獅子のうち一人しか揃いませんでした。 でも、指導する師匠の大人達はみな、自分も子供の頃に経験した このお祭りを大切に守りたい気持ちでいっぱいです。 子供達を慈しむように教えているその光景に 私は、大人たちの温かいまなざしを感じたのでした。 春爛漫のころ、神輿と5地区の華やかな山車を先頭に、 獅子舞や棒術の子供達や地区の人々が集落を練り歩くそうです。 美しいその光景が目に浮かびますね…。 3c0dd6b6.jpg
この記事は2012年3月21日 水曜日に放送終了しましたが、 栃木県のホームページでお聴きいただくことができます。 認定地名、野木町 野渡のページはこちら。 ラジオのアイコンがありますのでクリックしてお聴きください。 番組では、皆様からの感想をお待ちしております。 おハガキの場合は〒320-8601 栃木放送「とちぎのふるさと田園風景百選」宛 FAXは028-643-3311 メールはdenen@crt-radio.co.jpまでどうぞ! 「とちぎのふるさと田園風景百選」は栃木県のホームページでもご覧頂けます。

dcb6dc5e.jpg
国道新4号線の東側に位置する小山市田間。 川を挟んですぐ東隣は、茨城県結城市で かんぴょうも作られているという田園地帯です。 田間地区の鎮守である血方神社は、女性の身体を守る神様を祀っているため、 近隣のみならず、遠方から多くの参拝者が訪れた神社として知られています。 この血方神社には、太々神楽が地元の人たちによって大切に守り伝えられています。 df1d0b73.jpg
昨年(2011)の大晦日、神社の恒例行事「除夜神楽」を取材しました。 新しい年を迎える頃になると、大勢の参拝客が訪れ、太鼓の音もいっそう 賑やかに聴こえました。 783dc9ba.jpg
時は移り、2月の下旬、血方神社の春のお祭りに向けて、 小学生の女の子たちが公民館で神楽の練習に励んでいました。 太々神楽は全部で12座おこなわれ、8座までの各座の合間に 5人の女の子たちが「五行の舞」を舞うことになっています。 中央にひとり幣束をもった女の子が座り、 4人の舞い手が幣束と鈴を持ち、四方を固めながら舞います。 練習2回目にもかかわらず、舞の型はしっかりできていたのには驚きました。 e8a4159a.jpg
翌週の練習では、本番さながらに装束に着替えて、神楽殿で舞っていただきました。 装束に着替えるのは、子供たちも大変ですが、着替えを手伝う大人たちも一苦労。 子供たちも着慣れない装束に戸惑っていましたが、着替え終わると、前とは うって変わって、緊張したおももちでした。 d0290c71.jpg
寒い中、神楽殿で舞う子供たち。 「五行の舞」は春のお祭りの時にしか舞いません。 神楽が奉納される4月の第二土・日には、境内にある八重桜が満開になるそうです。 今年(2012)は4月の14・15日に行われます。 楽しみです! cbcfdf13.jpg
この記事は2012年3月19日 月曜日に放送終了しましたが、 栃木県のホームページでお聴きいただくことができます。 認定地名、小山市田間のページはこちら。 ラジオのアイコンがありますのでクリックしてお聴きください。 番組では、皆様からの感想をお待ちしております。 おハガキの場合は〒320-8601 栃木放送「とちぎのふるさと田園風景百選」宛 FAXは028-643-3311 メールはdenen@crt-radio.co.jpまでどうぞ! 「とちぎのふるさと田園風景百選」は栃木県のホームページでもご覧頂けます。

↑このページのトップヘ